インフルエンザ予防で室内加湿器と空気清浄機必要ない場合

インフルエンザの予防には、空気清浄機の効果が高い事が知られています。しかし、これは一定の条件を付けた際に有効な手段で、空気清浄機必要ないケースも見られるため、前もって幾つかの要点を理解しておく事が求められます。
まず、空気清浄機でも、機器の室内の適用面積に該当しない場合は、インフルエンザの繁殖を上手く抑えることができません。そのため、機器に記載されている面積と自室の大きさを検証し、適切な機器であるかどうかを見極める事が大切です。 万が一、部屋の面積が大きすぎる場合は、空気清浄機必要ない事になってしまうケースも見られるため、その機器の適用範囲を把握しておく事が重要です。
また、空気清浄機必要ない場合は、専用のフィルタにも見られます。これはインフルエンザのウイルスに対応したフィルタは、非常に粒子の細かな特殊な構造をしており、フィルタの目の細かくない機器は、ウイルスを吸い込んでも、再度空気中に放出してしまいます。その結果、空気清浄機必要ない事になってしまうので、インフルエンザ予防という目的では、フィルタの種類に注意が必要です。
しかし、空気清浄機能のついた室内加湿器には、大きな効果が見られます。これはインフルエンザのウイルスが、室内の低い湿度と温度により、繁殖率を高めてしまうためです。室内加湿器は室内の湿度が低い状態を改善させるものですが、、空気中に浮遊するウイルスに水分をまとわせることができ、ウイルスが活性化されてしまう事を防ぎます。インフルエンザの蔓延は温度や湿度が低い事が理由とされ、ウイルスが活性化されやすく、その結果として感染してしまう為、室内加湿器で湿度の高い環境を維持する事が効果的な予防方法とされているのです。

トップページへ